About Charnel
「墓 お参り」
に関連するツイート
Twitter

@coffee_umeee 通夜葬儀はその人の顔を拝める最期の時なの。生前にどれだけ付き合いがあったかで考えるといいかもなの。あまり関わりがなかったら、通夜葬儀は欠席して少ししてからおお参りに行くとかでもいいと思うの。

Twitter 774NB こそこそなのちゃん(1さい) - 昨日 23:14

リツイート 返信

今日は今年初めての一緒の休み~✌なので私のお父さんのお参りに連れて行ってもらったよ~😊熊本空港の近くなのでお参りが終わってから大津道の駅に 行ってお芋を購入~😊お芋あんのたい焼きを食べながら南阿蘇にドライブ🎶🚗💨🎶 道の駅くぎのでスカちゃんの撮影会~💕少し寒かったばい(^o^)道もトンネルもキレイ...

...働いていた10年ほど前、毎朝、平将門さんの首塚で、覚えたての般若心経を唱え、お参りしていたそーです。 将門さんを、「将門どん」と呼び、敬愛しています。 シャンタン...直弼さんを暗殺した水戸浪士たちは愛宕神社で集合したそうです。 また、明治元年、3月13日。勝海舟さんと西郷隆盛さんは家康公ゆかりの愛宕山に登り、江戸...

代々管野須賀子さんを演じられた方や関係者の方がお参りに来られるというおへ明日私もお参りに。その人の元へ、今まで接点が無かったであろう人達が、集い想う。 これが俳優という仕事の素敵なところの一つ。演劇が芸術とされる所以。

Twitter SayakaTamura 田村 彩絵 - 昨日 21:48

リツイート 返信

えーちゃん死んだら向日葵畑の端っこにお作ってもらうのね、毎日毎日夕方に幽香さんがお参りに来て、お菓子とかお供えして今日あった出来事をえーちゃんにお話ししてあげるのね。その姿があまりにも寂しそうだから見かねたメディスンが幽香さんに声かけても幽香さんは微笑むだけで

Twitter kawasiroaya ほぼあやにとbot - 昨日 21:29

リツイート 返信

...観音寺において行われた「閻魔会」法要に出仕させて頂きました☺ 今日のこの日は古来より「藪入り」と言われ、正月の忙しさが落ち着き奉公人が休みを許され、実家の参り等をした日… この日だけは地獄の閻魔様も鬼たちも責め苦を休みにし、地獄の釜が開き亡き人々の魂も開放されるという日なのです☺ この藪入りを縁日として...

「荒れ」「無縁」…を継ぐ人がいなくなる news.yahoo.co.jp/feature/482 新年のお参りに行ったら、前回まで親族問い合わせの札がぶら下がってた周辺のおがものすごい片付いててスカスカになってた。→

@S_fnl_3z 私が新撰組を好きになった前に、まず白虎隊の存在があります。会津若松まで行き、飯盛山のおお参りに行きましたよ! 白虎隊は会津まで戦いに来てくれた土方さんに「白虎隊か!いい名前だ、頑張れ」と励まされ奮起したといいます。堪らんです❤

Twitter hq3849karasuno なおっち@空前絶後のぉお! - 昨日 19:42

リツイート 返信

RT @onmyo_10gu: 降火須(ふるかす)は占星術や幾何学、更には宝石や植物にも詳しい物知り悪魔式です。たまに比不髏守(びふろんす)たちが住むおお参りにも行くみたいですよ。「暖かいと眠くなるよね。ほら、もふもふしなよ〜」 pic.twitter.com/YUaUMDsfq0

Twitter tokyakubin 卯月このか - 昨日 19:28

リツイート 返信

RT @seijikanoh: 小田部さんとの打ち合わせ後、大工原章さんのおお参り。 生前お世話になった感謝と近況をお伝えして、手を合わせました。 更にその後、大塚康生さん宅へ年始の御挨拶。 専門学校の就職状況、昨今の情勢からジープのお話まで長話。 映画は御覧になっていな…

Twitter makaronie マカローニ - 昨日 19:08

リツイート 返信

埋葬のひとつ「納骨堂」とは

納骨堂が今の埋葬スタイルの1つ

今の埋葬スタイル 現代では土地がないという事から、または墓地建設に反対する住民問題もあり、寺側もどうしたら良いかと考えたのが納骨堂です。
都心では墓地を設置する場所も少なく、さらに費用もかかるという事から、納骨堂が少し前から注目を浴びるようになりました。
ビル式の墓があるという事でも話題になりましたが、墓石を買うにも平均165万円はかかります。墓石よりもコンパクトであるという点、さらに遠くの墓地より近くの納骨堂という考えから、多くの人がこの埋葬システムに切り替えています。
一番良いところは、次世代が墓を継ぐ人が居ないと言う点で、納骨堂はある一定の年数が経つと合祀という形を取り、永遠に寺で供養をしてもらえます。そういった所で、子どものいない夫婦や独身の人に、子どもが遠方で墓の面倒が見ることできないという人等がこの埋葬スタイルに変えています。
樹木葬なども流行っていますが、こちらも同時に注目されています。
今の埋葬は、時勢代が継がない事を考えたものへと変化してきています。今後も、このスタイルがどんどん浸透して行き、墓地スタイルも大きく変化をしていくかもしれません。
また良い点は費用がそう掛からないという事で、多くの人が着目しています。

納骨堂へお参りする際の持ち物

納骨堂は従来のお墓と違い、コンピューター制御を取り入れたり、近代的なデザインの建物が多く気軽にお参りできるイメージがあります。
しかしお墓と同様に故人を供養する場である事には変わりないので、基本的なマナーを守ってお参りする必要があります。お墓へのお参りは時間を気にせず行えますが、屋内施設は夕方から夜間にかけて施錠されるので開門と閉門の時間は事前に調べておきましょう。
納骨堂にお参りする際の持ち物については、一般的な霊園と変わりありません。お花や食べ物をお供えとして持ち込む事も構いませんが、置いて帰ると納骨堂の衛生を損なう可能性があり、持ち帰るか近日中に取りに来て下さい。
生花は持ち込み不可で、造花のみ持ち込み可能な場合や、生花を供える場所を納骨壇以外の別の場所に用意している場合もあります。
さらに、お供えを置いていってもいい所もありますが、大半は規則によりお供えを残していかないよう決められているため、お参りの前には規則を確認しておきましょう。
納骨堂へのお参りに必ず用意しなければいけない持ち物などはなく、故人を供養する気持ちがあれば十分です。
もしお堂にご本尊が祀られている時は、納骨壇にお参りする前にご本尊へ線香を上げて、手を合わせておきましょう。

納骨堂に関するオススメサイト

まず知りたい納骨堂の基礎知識のご紹介

納骨堂