About Charnel
新着情報

◎2017/3/21

ビル型の納骨堂
の情報を更新しました。

「墓 お参り」
に関連するツイート
Twitter

@mo_t118 俺はあらゆるものから貴方をお守りします。それに、おお参りをしようとする気持ちが大事です。きっと喜んでくれますよ、大丈夫。(なでなで)おやすみなさい、冬姫。朝になってもずっと側にいるよ。愛してる。(ちゅっと口付けて優しく背中を撫でながら微笑んだ)

Twitter hskr_tough_bot 主の為なら挫けないタフな長谷部bot - 1:56

リツイート 返信

スタンプも押さなきゃいけないから龍馬のおお参りに行きたい さていつ行くか…

Twitter hitominnext ろっくんうし子 - 1:07

リツイート 返信

松前に行ったら波響さんのおにもお参りに立ち寄ってみます。 松前勘解由のおもね......鎮魂

Twitter wokokoroiyo 彦三郎 - 0:33

リツイート 返信

松前に行ったら波響さんのおにもお参りに立ち寄ってみます。 松前勘解由の大もね......鎮魂

Twitter wokokoroiyo 彦三郎 - 0:32

リツイート 返信

@himaneko0124 黄昏時に神社にお参り行ってからのおや廃墟〜とかやってみたい

@pmnomumu ムムちゃん、きっと、そうです。おを作って、大事にお参りしてきた方達のことを考えると、ホントに酷い話ですよね。

Twitter usagidenpa うさパラ☆車乗るヒト、猫バンバン♪ - 昨日 23:49

リツイート 返信

と、とりあえず車から降りてりじぇさんのおお参りして母とお茶してます…… ……机散らかってんな! pic.twitter.com/ODQWn3TIAf

Twitter riziere_croire モタ子(おふぁ) - 昨日 23:42

リツイート 返信

そこにした人 ほんま最悪やろな。 お参りいったら骨全部 掘り出されてるとか つらすぎ。

...お休みの お姉ちゃんから連絡をもらい。 雪でおが埋まり お参り出来なかった春彼岸の リベンジだい‼ お姉ちゃんとババと一緒に かあちゃんの祖父・おじじと 親戚のお参りへ レッツらゴー🚕💨💨💨 雪はすっかり溶けて つくしモジャモジャ春めいてるなぁ。 草むしりやおのお掃除を 慣れた手つきでこなしています。 かっこいいなー...

お参りVRはそのうち来てもおかしくない

埋葬のひとつ「納骨堂」とは

納骨堂が今の埋葬スタイルの1つ

今の埋葬スタイル 現代では土地がないという事から、または墓地建設に反対する住民問題もあり、寺側もどうしたら良いかと考えたのが納骨堂です。
都心では墓地を設置する場所も少なく、さらに費用もかかるという事から、納骨堂が少し前から注目を浴びるようになりました。
ビル式の墓があるという事でも話題になりましたが、墓石を買うにも平均165万円はかかります。墓石よりもコンパクトであるという点、さらに遠くの墓地より近くの納骨堂という考えから、多くの人がこの埋葬システムに切り替えています。
一番良いところは、次世代が墓を継ぐ人が居ないと言う点で、納骨堂はある一定の年数が経つと合祀という形を取り、永遠に寺で供養をしてもらえます。そういった所で、子どものいない夫婦や独身の人に、子どもが遠方で墓の面倒が見ることできないという人等がこの埋葬スタイルに変えています。
樹木葬なども流行っていますが、こちらも同時に注目されています。
今の埋葬は、時勢代が継がない事を考えたものへと変化してきています。今後も、このスタイルがどんどん浸透して行き、墓地スタイルも大きく変化をしていくかもしれません。
また良い点は費用がそう掛からないという事で、多くの人が着目しています。

納骨堂へお参りする際の持ち物

納骨堂は従来のお墓と違い、コンピューター制御を取り入れたり、近代的なデザインの建物が多く気軽にお参りできるイメージがあります。
しかしお墓と同様に故人を供養する場である事には変わりないので、基本的なマナーを守ってお参りする必要があります。お墓へのお参りは時間を気にせず行えますが、屋内施設は夕方から夜間にかけて施錠されるので開門と閉門の時間は事前に調べておきましょう。
納骨堂にお参りする際の持ち物については、一般的な霊園と変わりありません。お花や食べ物をお供えとして持ち込む事も構いませんが、置いて帰ると納骨堂の衛生を損なう可能性があり、持ち帰るか近日中に取りに来て下さい。
生花は持ち込み不可で、造花のみ持ち込み可能な場合や、生花を供える場所を納骨壇以外の別の場所に用意している場合もあります。
さらに、お供えを置いていってもいい所もありますが、大半は規則によりお供えを残していかないよう決められているため、お参りの前には規則を確認しておきましょう。
納骨堂へのお参りに必ず用意しなければいけない持ち物などはなく、故人を供養する気持ちがあれば十分です。
もしお堂にご本尊が祀られている時は、納骨壇にお参りする前にご本尊へ線香を上げて、手を合わせておきましょう。

納骨堂に関するオススメサイト

まず知りたい納骨堂の基礎知識のご紹介

納骨堂